一般住宅の天空率計算

こんにちは、横浜市工務店㈱成田組の斎藤です。 新築住宅の工事施工中です。 緑の柱はアメリカカンザイ白アリ予防のホウ酸を吹き付けたものです。 分かりやすいように緑の色を付けました。 決して藻が生えてるわけではありません。 この敷地は、全面道路が狭く 3階建てにすると道路斜線があたってしまい 3階建てにするのが難しい敷地でした。 道路斜線計算ではなく天空率計算という計算があります。 この天空率計算は道路斜線計算より計算がややこしく 道路斜線でクリア出来ない建物に使われる計算方法です。 天空率計算はマンションやビルなど比較的高い建物で 計算されることが多い計算方法です。 この天空率計算をすることで 3階建てを建てることが出来ました。 一般住宅でも活用できるので敷地の全面道路が狭く 3階建てを建てるのが難しい場合や 2階建てでも道路斜線の為に屋根の形状が変わってしまう 場合はこの方法を活用できます。   。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。         株式会社成田組      横浜市鶴見区栄町通4-48-1        TEL045-502-8011

サブコンテンツ

このページの先頭へ