横浜市木造耐震補強工事

 こんにちは、㈱成田組の斎藤です。 最近、花粉症のような症状が出てきました。 来週になると血液検査の結果が分かります。 検査結果を前に、病院で処方された薬が効いているようで 薬を飲むとくしゃみが止まります。 去年まで、こんな症状なかったのに。。。 さて、ただ今木造耐震補強工事進行中です。 内部の解体工事が進んでいます。 内部の壁天井を剥がし既存の柱・梁が見えるようになりました。 既存の柱が計画通りに入っているかなどをチェックします。 昔の木造住宅は、筋交がきちんと施工されていないことが多いです。 こちらの物件も、 筋交はありますが一部ですが耐力として見れる施工にはなっていませんでした。 これらの筋交は撤去して、新しい耐力壁を施工します。 ↓外側から耐力壁を施工した写真です。 耐力壁は、ガーディアンウォールを施工しました。 ガーディアンウォールは、筋交に比べると強い壁になります。 それと、崩壊する時も粘りがあるので筋交よりも安全と考えています。 ㈱成田組ではガーディアンウォールをお勧めしています。 このガーディアンウォールは天井と床を壊さずに施工出来るのですが 今回は間取り変更等があったので天井と床を壊しての施工となりました。 耐震補強方法は、物件ごとに異なります。 お客様のご要望をお伺いし、一番良い補強方法をご提案させていただきます。
サブコンテンツ

このページの先頭へ