横浜市では、市が行っている木造耐震診断を受けた住宅で、
診断の結果が総合評点1.0未満と判定された個人住宅に
対して、耐震改修工事費用の一部を市が補助をする制度が
あります。
昭和何年前に建てられた建築と規定はありますが、
そんな制度があるんです。
その耐震設計、施工を私の会社では行っているので
補助を申請する為の書類を作成していました。
建築した時の建築確認申請書類があったので、それを参考に
して今の建築と照し合わせて耐震補強の設計をします。
が。。。敷地面積がどうも違うんです
昔の申請ってこんなんでいいのって思ってしまします。。。
敷地面積が違うなんて、今では考えられない事です
今の敷地面積で建蔽率や、容積率や、道路斜線などが
規定をクリアしていないと 補助申請は出来ないので敷地を
計りに行ってきました
蚊にあっちこっち刺されながら。。。
でもこれで資料が揃ったので、あとは計算するのみです!!
既存の住宅の補強は、勉強することばかりです