外部の防水紙貼りも終わり

 内部は断熱材が取り付いていきました。

道路に面している 南側のエアコンのダクトが目立ってしまうので
隠ぺい配管をすることにしました。
隠ぺい配管とは・・・
壁の中に配管を埋め込んでしまうことです。
周りを見渡しても エアコンのダクトが目立っている家が沢山
あると思います。
賃貸や建売では仕方ないですが カバーを付ければ
ある程度キレイに見えますし
ですが、せっかくの自由設計の新築ですから
外見もキレイに見えるようにしなくては もったいないです!!
結構後回しにされてしまうことかも知れませんが。。。
新築を計画される方は 設計の段階でエアコンの室外機を
どこに設置するか考えたほうが 外観もキレイに仕上がりますよ♪